手術は糸で結ぶ方法と切開する方法の2種類

category

recent news

手術は糸で結ぶ方法と切開する方法の2種類

» view detail

元通りになるまでにかかる期間は早くて三ヶ月

» view detail

健康な生活を心がければ腫れの収まりも早くなる

» view detail

二重の自分を手に入れるには切開手術

» view detail

全切開法をした一ヶ月後までのケア

二重整形で、全切開法を行うメリットには、取れない二重を作ることや、脂肪と皮膚のたるみを取る、腫れぼったさを解消するなどがあります。
全切開法の手術をした後は、まぶたが大きく腫れ一週間から二週間くらいで、七割程度腫れが落ち着きます。その後、一ヶ月くらいで九割腫れは回復しますが、理想の二重に落ち着くまで三ヶ月程度は必要です。
全切開法をして一ヶ月後までの経過としては、手術後五日から一週間くらいで抜糸を行ない、内出血に関しては二週間程度で改善されます。
手術後から一ヶ月後までのケアは、腫れへのケアとしてアイスノンなどを使い、適度にまぶたを冷やすことも大切で、腫れを早く引かせようとして、冷やし過ぎるとかえって腫れる可能性もあるので、適度な冷やしが理想的です。
日常でのケアは、顔の位置を心臓より上にするのが腫れには良く、横になる場合は枕を高くするなどの工夫も大切です。
また、アルコールは体を温め腫れに影響を与え易いので、手術後一週間以上は控え、入浴も数日間はシャワーなどで軽く済ませるのが理想的です。
手術後一ヶ月後までは、特に安静にする事が大切なので、激しい運動や体に負担をかけるようなスケジュールは、なるべく避けるのが大切です。

二重整形の全切開法

美容整形手術の中でも人気の高いのが二重整形ですが、二重整形は大きく分けると埋没法と呼ばれる糸を使い結ぶ方法と切開法と呼ばれる瞼を切開する方法に分かれます。
その中でも切開法は部分切開する方法と全切開する方法とに分かれます。
切開法は埋没法とは違い一度手術をすると元に戻ってしまうという事がなく、瞼が厚く埋没法が向いていない人にも有効な手術とされています。
特に全切開の場合は二重のラインが綺麗に作りやすく、人気の平行二重等にも向いています。
ただ埋没法よりも切開法、さらに部分切開よりも全切開の方が瞼の腫れが引き自然な状態になるまでのダウンタイムと言われる期間が長引くと言われています。
全切開の場合でもおよそ一ヶ月程で目の腫れは引いてくると言われています。
ただダウンタイムには個人差が大きく一ヶ月後になると自然な感じに落ち着く人もいれば、腫れが引きにくく違和感が取れていないという人もいます。
そして全切開等の切開法の場合、腫れとは別に気になるのが傷跡だと思います。
一ヶ月後には綺麗な一本の線という感じに落ち着いてはきますが、まだ赤っぽい色のある線という人も多いかとは思います。
これはだんだんと日がたつにつれて色はなじんでいき目立たなくはなりますが、消える事はないというのは頭に入れて手術を受けるようにしましょう。

post list

2017年08月07日
二重の自分を手に入れるには切開手術を更新しました。
2017年08月07日
元通りになるまでにかかる期間は早くて三ヶ月を更新しました。
2017年08月07日
手術は糸で結ぶ方法と切開する方法の2種類を更新しました。
2017年08月07日
健康な生活を心がければ腫れの収まりも早くなるを更新しました。

Copyright(C)2017 全切開手術でも一ヶ月後には腫れの目立たないまぶた All Rights Reserved.