二重の自分を手に入れるには切開手術

category

recent news

元通りになるまでにかかる期間は早くて三ヶ月

» view detail

手術は糸で結ぶ方法と切開する方法の2種類

» view detail

二重の自分を手に入れるには切開手術

» view detail

健康な生活を心がければ腫れの収まりも早くなる

» view detail

全切開法でパッチリ!一ヶ月後の状態は?

一重まぶたであることにお悩みの方、いらっしゃると思います。そこで、二重まぶたにしたくて色々な方法を模索しているかもしれません。一時的に二重まぶたにしたり、自力でマッサージをするなどして二重まぶたを作ろうとしたり、様々な方法が散見されますが、あまり自分の思ったようにいかない!と言う人もいるでしょう。そこで、施術をしたらずっと二重まぶたでいられる全切開法を検討してみてはいかがでしょうか。ここでは、そんな全切開法のことや一ヵ月後までの様子などをご紹介していきます。上記でも書きましたが、全切開法で二重をつくる大きなメリットといえば、一生とれない二重に出来ることでしょう。まぶたにメスを入れますから、腫れぼったいまぶたも切開することでなくすことも可能です。
しかし、メスで切るわけですから、手術後に腫れてしまいます。腫れの度合いも、部分切開より大きく切りますから、それだけ腫れも長引きます。大体、大きい腫れは一週間から二週間で治まってきます。一ヶ月後には、ほとんどの腫れは引いていきますが、そこから完全に目立たなくなるまでは個人差があります。二~三ヶ月の人もいれば、一年も掛かる人もいます。これは、体質によるところが大きいです。
手術を受ける場合は、長期間に渡る保証があるところを選びましょう。全切開法は傷跡がなくなるまで時間が掛かります。十分注意してくださいね。

全切開法の術後一ヶ月までの留意点

全切開法は二重になりにくい人にも適応でき、元に戻ってしまう心配もあまりしなくて良い方法ですが、名前の通り切開するわけですから術後すぐにきれいな二重ができあがるわけではありません。当然傷が治るまでは、腫れや内出血が目立ってしまいます。通常、腫れは一~二週間で引きますが、傷があると感染のリスクが上がり、腫れを長引かせる要因になるので、瞼とその周辺の清潔を保つことが大事になります。傷を目立たなくするためにはどうしても化粧をしてしまうと思いますが、しっかりと汚れは落としましょう。内出血に関しても、瞼は皮膚が薄く毛細血管からの出血でどうしても内出血が目立ってしまいますが、腫れと同様一~二週間で落ち着いていきます。ということで、順調に経過すれば一ヶ月後にはほとんど腫れはひき、傷も目立たなくなってくるので周囲の視線も気にならなくなると思います。完全な状態になるには半年以上かかりますが、この一ヶ月はしっかりとケアをするべき期間の目安と考えておくと良いでしょう。一ヶ月後はほとんど良くなりますが、なかなか状態が良くならなかったり、気になることがある場合はしっかりとドクターに相談してください。全切開法は場所によって値段は上下しますが三〇万前後かかるので、後悔しないためにも術後のケアをしっかりと行いましょう。

post list

2017年08月07日
二重の自分を手に入れるには切開手術を更新しました。
2017年08月07日
元通りになるまでにかかる期間は早くて三ヶ月を更新しました。
2017年08月07日
手術は糸で結ぶ方法と切開する方法の2種類を更新しました。
2017年08月07日
健康な生活を心がければ腫れの収まりも早くなるを更新しました。

Copyright(C)2017 全切開手術でも一ヶ月後には腫れの目立たないまぶた All Rights Reserved.