元通りになるまでにかかる期間は早くて三ヶ月

category

recent news

二重の自分を手に入れるには切開手術

» view detail

元通りになるまでにかかる期間は早くて三ヶ月

» view detail

健康な生活を心がければ腫れの収まりも早くなる

» view detail

手術は糸で結ぶ方法と切開する方法の2種類

» view detail

全切開法の術後経過

顔で一番気になる部分といったら目と答える人はとても多いと思います。
数ある整形の中から全切開法は綺麗な二重を持続できる、自然な二重になったという声も多く目の整形では人気の手術方法です。
全切開法の経過を少しでも気になるかたの参考になればと思いお話しします。
まず一日目。
目は腫れ、内出血もありもちろん傷跡も赤いです。術後の自分を見てびっくりし、大丈夫なのか?と不安になる方もとても多いと思います。あまり心配しすぎないで大丈夫です。傷が膿んだりしていなければ大丈夫です。
二日~四日目。
まだまだ腫れは気になり、傷痕も赤みがあって鑑を覗いても痛々しいです。
七日後。
だいぶ腫れもひき、傷跡の赤みも目立たないです。
知らない人がみても違和感を感じたりする人はいないはずです。
二週間後にはほぼ腫れも引いて自然な二重になります。一ヶ月後にはほぼ何も気にならなくなります。
病院にもよりますが、三日後には洗顔ができますし、お化粧は一週間経つと化粧をしてもいいというところがほとんどのようです。
手術には二日程休みで平気なくらいなのでわざわざ手術のためだけに休みを取らなくても連休に合わせて全切開法を行えば支障もないです。
全切開法は憧れの目を手に入れられますので是非勇気をもってトライしてみてください。

全切開の腫れと傷の一ヶ月から半年までの腫れの変遷

全切開とは二重の手術でも人気の二重術になります。なぜ人気かと言うと、理没法の二重術を比べてもラインが取れにくく、まぶたの脂肪が多く、手術が難しい人でも綺麗な二重を作ることができるからです。全開切開とは、切開をしたラインに強く二重をつくる施術です。全切開は、理没法よりはっきりと強くとれにくのがメリットですが、術後の腫れや内出血のダウンタイムが長かったり、術後すぐの傷あとが目立ったりします。
全切開の一般的に落ちつくまでの期間は、腫れは七〇%が一~二週間でひき、一ヶ月後には少し落ちついてきますが、完全によい状態に完成するには三ケ月かかります。手術後五~七日で抜糸をするクリニックが多く、それまではまぶたに糸がついています。抜糸から一ケ月は、腫れもおさまり、傷あともメイクでかくせるようになりますが、一ヶ月後にならないとすっぴんはまだ気になります。
三ケ月たてばラインもかなり落ち着いてきて、不自然さがなくなってきます。全く目立たなくなるのは、個人差がありますが、早い人で半年、遅い人で一年半で傷が目立たなくなります。全切開法では、まぶたに二、五~三センチほどの傷ができますが、時間の経過と共に気にならないくらいに回復していきます。

post list

2017年08月07日
二重の自分を手に入れるには切開手術を更新しました。
2017年08月07日
元通りになるまでにかかる期間は早くて三ヶ月を更新しました。
2017年08月07日
手術は糸で結ぶ方法と切開する方法の2種類を更新しました。
2017年08月07日
健康な生活を心がければ腫れの収まりも早くなるを更新しました。

Copyright(C)2017 全切開手術でも一ヶ月後には腫れの目立たないまぶた All Rights Reserved.