憧れの二重まぶたになるまでのプロセス

category

recent news

手術は糸で結ぶ方法と切開する方法の2種類

» view detail

健康な生活を心がければ腫れの収まりも早くなる

» view detail

元通りになるまでにかかる期間は早くて三ヶ月

» view detail

二重の自分を手に入れるには切開手術

» view detail

全切開法の一ヶ月後の腫れや傷口の具合は?

全切開は傷口も大きいため、術後のダウンタイムも長くなりがちです。一週間後ではまだ腫れや炎症も気になりますが、一ヶ月後には一体どうなっているのでしょうか。一ヶ月も経つ頃にはほとんど腫れも収まってきていますので、手術前の予定していた二重まぶたに近い状態に仕上がってきます。腫れの引き具合には個人差が大きいのですが、術後最初の一週間は、ある程度冷やして腫れが収まるのを待ったり、寝る時にも少し枕を高くして炎症がひく手助けをすることも必要です。アフターケアを丁寧に行うほど、腫れや炎症も早くに改善する傾向にあるようです。
ただやはり全切開法での二重が完成するまでには術後三ヶ月はみておく必要があります。一ヶ月後の時点ではまだ途中の段階ですので、この時点で「失敗した!」と思わずにもう少し長い目で様子を見てみると良いですね。全切開法は二重のラインに沿って切開しているため傷口も大きいです。目を閉じるとまだまだ切開した部分が目立ちますし、赤い傷跡が痛々しく残っているのも分かります。目を開けていれば二重まぶた手術をしたとバレないでしょうが、目を閉じるとはっきりと分かってしまいます。三ヶ月も経つ頃にはこの傷口の色も薄くなってきますので、時間と共に二重まぶた手術をしたこともバレないようにはなります。

二重まぶたの切開法の流れと術後の経過

プチ整形で人気の埋没法。これに適さない方は切開法になります。まぶたの脂肪が厚い方、はれぼったい方、戻りにくい一生キレイな二重になりたい方が対象です。OPの流れ。始めに診察があります。そこでラインを決めます。OP室に移り麻酔。希望のラインにメスを入れます。脂肪をとりスッキリさせて二重のラインを作る仕組みです。一週間後に抜糸があります。術後一週間はアイメイクは控えましょう。処方される薬は化膿止めと痛み止めです。始めは腫れと赤みが伴います。そのためすぐに希望のラインに二重にはなりません。抜糸後から徐々に腫れと赤みが落ち着いてきます。個人差はありますが希望する二重のラインになるのは一ヶ月後になります。三週間後から落ち着き出します。
メイクは抜糸後から普通に行って構いません。メスを入れる場所は二重のラインのためわかりにくいです。抜糸をするため埋没法のように、まぶたを閉じたり目を伏せた時に糸が見えるといった心配がありません。ほとんどの方が一ヶ月後には理想の希望した二重のラインを手に入れる事ができます。美容外科での失敗やトラブルはほぼないのですが、希望するラインと違う、思っていたのと違うといった場合お直しは無料で行っている病院が多いです。そのため安心して行うことができます。OPは長期休みなどを利用して行うことをおすすめします。

post list

2017年08月07日
二重の自分を手に入れるには切開手術を更新しました。
2017年08月07日
元通りになるまでにかかる期間は早くて三ヶ月を更新しました。
2017年08月07日
手術は糸で結ぶ方法と切開する方法の2種類を更新しました。
2017年08月07日
健康な生活を心がければ腫れの収まりも早くなるを更新しました。

Copyright(C)2017 全切開手術でも一ヶ月後には腫れの目立たないまぶた All Rights Reserved.